俺の複利で叶える自己実現
バックナンバーライブラリ
対象年月の選択:
  • 2019/09/30  コンサルティングは相談サービスとは全くの別物 <第24号 2019年9月30日>
  • 2019/09/29  金利が上がると債券価格が下がるという意味は? <第23号 2019年9月29日>
  • 2019/09/28  金利1%の債券はいくらで売れる? <第22号 2019年9月28日>
  • 2019/09/27  株と債券の違いって? <第21号 2019年9月27日>
  • 2019/09/26  「食生活を考えよう」は正しい目標ではない <第20号 2019年9月26日>
  • 2019/09/25  コミュニケーション能力が最大の武器 <第19号 2019年9月25日>
  • 2019/09/24  「何もしない」をする <第18号 2019年9月24日>
  • 2019/09/23  完璧を求めずに最善を追求する <第17号 2019年9月23日>
  • 2019/09/22  仲間の力とありがたさ <第16号 2019年9月22日>
  • 2019/09/21  300人の応援者 <第15号 2019年9月21日>
  • 2019/09/20  マイナス金利の光と影 <第14号 2019年9月20日>
  • 2019/09/19  時間の奴隷になってはいけない <第13号 2019年9月19日>
  • 2019/09/18  次に同じ事をするとしたら、何を変えるだろう? <第12号 2019年9月18日>
  • 2019/09/17  アウトプット前提で生きることの大切さ <第11号 2019年9月17日>
  • 2019/09/16  仲間が人生に彩りを与えてくれる <第10号2019年9月16日>
  • 2019/09/15  パラレルキャリアのススメ <第9号2019年9月15日>
  • 2019/09/14  メルマガ再開のお知らせ <第8号2019年9月14日>
  • マイナス金利の光と影 <第14号 2019年9月20日>
    配信日時:2019/09/20 08:15
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    OREJUN 俺の複利で叶える自己実現 <第14号 2019年9月20日(金)発行>

    人間が持つ一番高い次元の欲求である「自己実現」を叶えるために役立つ情報を
    個人の皆様に提供するメールマガジンです。
    「やりたいことをやるために必要十分なお金を得る方法」と、
    「人生に満足感をもたらす時間の使い方」
    これら両方を手に入れるための考え方を、紺野純の視点でお伝えします。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ご案内

    【電子書籍出版のお知らせ】(Kindle版限定)
    『思い通りの人生をデザインする複利の魔法: 誰もができる最強の人生設計論』

    2019年9月9日、紺野純のデビュー作が出版されました!
    詳細はこちらをご覧ください。
    https://www.amazon.co.jp/dp/B07XKT6K6K

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【Amazonキャンペーンのお知らせ】
    電子書籍の出版を記念してAmazonキャンペーンを行います。
    9月21日(土)~ 9月23日(月)
    定価480円→99円
    この期間のみ、特別価格でお求め頂けます。
    https://orejun.com/archives/books/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【Blog更新しました】
    9/16 - 簡易宿所を探す旅(最終回)
    沖縄の民泊物件、戸建て新築の融資が否決。しかし物件はまだ誰の手にも渡っていない。
    このチャンスを逃すのか?俺が出した結論とは?
    https://orejun.com/archives/510/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    マイナス金利の光と影
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    昨日日銀が、マイナス金利の続行を発表した。

    そもそもマイナス金利は、金融政策の劇薬と言われているものだ。

    銀行に預けられた預貯金は、銀行が国債で運用をすると、債権のクーポンから利子が得られた。その利息を預金者に分配するのがかつての常識だった。

    しかしマイナス金利の政策では、銀行が国債を購入して運用するためには、逆に利息を払わなければならないという逆転現象が起こる。

    だったら国債なんて買わないで、企業や事業家に貸し出し、そこから高い金利を得られれば銀行はハッピー。
    そして借り入れられたお金が、世の中に巡って、経済も活性化されると国民もハッピー。

    そんなシナリオを描いていたのだろうが、マイナス金利の導入から3年半が経つ今、どのような結果になったのかは、俺たちが一番よく知っている。

    しかし、効果がなかったからと言って、日銀が「マイナス金利の縮小」を示唆するような言動をしたら、国債価格は暴落し、大規模な金融危機になることは避けられない。(金利が上がると債券価格は下がる)
    消費税が上がるこのタイミングでは到底できない政策だ。

    一度マイナス金利の劇薬を使うと、そこから正常な金利に戻す時に、金融市場の大混乱をもたらす政策だということを、俺たちはしっかりと理解しておかなければいけない。

    マイナス金利の期間が続けば長く続くほど、元に戻すときのダメージも大きくなるはずだ。
    いつかは元に戻さなければならない。でもそれはいつなのか?

    少なくとも、昨日の発表で、今の日銀にその気がないということがわかった。

    自分には関係ない話だと思ってはいけない。その日は必ずやって来る。
    そのために、俺たちは自分たちのできることを今から準備しておかねばならない。


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    OREJUNのつぶやき
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    Amazonの電子書籍キャンペーンまであと2日。
    まだほとんど宣伝をしていないのに、少しずつ売れているのがとても嬉しい。
    今の時点で金融・ファイナンスの新着ランキングで5位につけている。
    次の3連休でぶっちぎりの1位をとりにいく。



    ━━━━━━━━━━━━━━━

    ■ 発行責任者:紺野純
    ■ E-mail : jun.konno@orejun.com
    ■ 公式HP : https://orejun.com

    ━━━━━━━━━━━━━━━

    ■バックナンバー

    【PC版】
    https://04auto.biz/brd/BackNumber.htm?acc=orejun&bid=2

    【モバイル版】
    https://04auto.biz/brd/BNMobi.htm?a=orejun&b=2

    ━━━━━━━━━━━━━━━

    ■メルマガの登録・解除について

    【メールアドレス変更】
    (バックナンバーのため省略)

    【メルマガの配信解除】
    (バックナンバーのため省略)

    ※ワンクリックで配信解除されますのでご注意下さい

    ━━━━━━━━━━━━━━━

    【ご意見、ご感想、ご質問、ご相談、ご依頼は】
    E-mail : jun.konno@orejun.com

    先頭へ戻る